日本のサッカーリーグスケジュールの変動が環境効果を割り出す

Jリーグの第1土俵は、鹿島アントラーズの優勝で終わり、早くも第2土俵が始まっていますね。こういうステージを隔てる素行が本音腹立たしいですし、以前のように1年間を通してペナントレースをやるですね。また、海外に合わせた期日も後々考えて行くべきです。9月開幕の5月でフィナーレ。こういう計画にすることで、海外への移籍がしやすくなり、逆に海外アスリートも日本の仲間に来易くなりますよね。そうすることで、日本のサッカーの位も上がりますし、海外と割り引きひとときがおんなじことと演習発車が同じになることで、キャンプを掛けるバリエーションにも入り易くなりますよね。当然海外の仲間が。今では、東南アジアや台湾、中国などで海外仲間の争いが増えています。しかし、有様件、治安を考えると日本のほうがはるかに嬉しいし無事故は間違いありません。こういう動きを用いる際は難しいと思いますが、まず変えるとあとは、大きな景気作用を引き起こすと思いますよ。