給食を食べさせる前に覚えておいてほしいこと

給食を残さず食べましょう。これがキライでした。給食に文句はありません。栄養バランスも良く、美味しくて、とても楽しみにしていました。ですが、残すかどうか決めるのは本人です。その日の体調もあります。食べられる量も違います。

健康のために残さず食べるのは大事なことでしょう。ですが、残してはならないとプレッシャーを与えるのは違います。わたしは給食が好きでした。それど同時に苦痛を感じる時間でもありました。5時間目が始まる時間になっても食べ終わりませんでした。

やっと先生に許しをもらえて、給食室に食器を返しに行きます。「もっと早く返しに来なきゃダメよ」と叱られます。とても惨めでした。どんなに美味しい給食でも、まずく感じてしまいます。

ひとりひとり食べられる量は違う。忘れがちですが、覚えておいてほしい事です。もちろん給食をつくってくれた人には感謝しています。ですが、わたしのように悲しい思いをしていた子が居ることも忘れないでくれると嬉しいです。ミュゼ 価格