ハンガリーには何とも幸せでした

ユーロ2016の決勝トーナメント最初回戦で前評判の高かったベルギーがハンガリーを4対0で破ったのはなかなか当たり前に思えましたが、ハンガリーはジャンル1位で決勝トーナメントに拡張した考えはあったのだろうかと可哀相になりました。狡さでも最初枚後だったジャンル3辺り通過のポルトガルにしてやられたとしか思えません。
今更言ってものろいですがハンガリーにジャンルステージを冷静に天王山2辺り以下でぎりぎり横断できるような本領があったなら、こういう大種別で雲泥の差完封失態を喫し恥をかくこともなかったでしょう。
ところがトーナメント世間をよく見ると2辺り横断だとイングランドと3辺りでもクロアチアとずいぶん幸せがなければ勝つ期待のない彼氏との天王山が意向されていたわけですから、
最初からどうしても勝ち眼のない彼氏と競合始めるラッキーだったような気がします。
それはビッグイベント前にハンガリーは振るわないだろうと予想したことと見事に一致しているように思えました。
予報は成功しましたが長い断念期からはじめて抜け出せそうなノリが感じられたハンガリーの未来には目星が持てそうです。